東京都豊島区の税理士なら細木税理士事務所【豊島区・新宿区・渋谷区・千代田区・中央区】

自計化支援

自計化支援

自計化のメリット

なぜ自計化なのか

これまでは、中小零細企業の場合、自社の会計帳簿を税理士事務所に依頼し、作成してもらうというのが一般的でした。これを通常「記帳代行」業務と呼びます。

ところが、近年の傾向として、税理士事務所では記帳代行を行わず、顧客に自計化を勧めるところが増加しています。その理由として、どのようなことが考えられるでしょうか。

企業経営者の責任と自計化のメリット

会計帳簿の作成は、第一義的に企業経営者の責任になっています。すなわち、会計帳簿の作成を税理士事務所に依頼しても、仮に財務諸表に誤りがあった場合、対外的な責任は企業経営者(取締役)が負うことになります。

企業経営者は、そのような重大な責任を負っているという自覚を持つことが、重要といえます。

そのような重大な責任を負う企業経営者であるにもかかわらず、領収書の整理、取引内容の確認とその入力業務、入力内容の確認と試算表の作成、決算といった会計業務の一連の作業を税理士事務所に全面的に丸投げすると、経営者が自社の財務諸表の作成過程に関与しないこととなり、経営数値に対する感覚を養う機会が失われてしまうことになります。

もちろん、経営者が会計基準や税法に精通する必要はありませんが、税理士事務所が作成した会計帳簿の説明を受けているだけでは、経営者として重要な資質である「経営数値に対する感覚」が養われません。

財務データには、経営改善をするためのヒントが隠されており、そのヒントは、税理士から教えられるのではなく、経営者自らが会計帳簿を作成する過程でつかみ取ることが重要になります。経営者の重要な関心事である資金繰りや売掛金の回収状況、無駄な人件費や経費の把握等、財務改善のポイントも見えてくるようになります。

自社の財務状況をより早く、かつ正確につかみ取ることが可能になる、これが自計化の最大のメリットといえよう。経営判断のスピード感が問われる現代においては、このメリットは極めて重要であると考えます。

簿記の知識がない場合

簿記の知識がない、あるいはパソコンが苦手などの理由で、自計化は無理とあきらめている方も多いかと思います。しかし、それは心配するには及びません。

最近の会計ソフトは、よくできており、大半の中小零細企業は、簿記やパソコンの知識がなくても、比較的簡単に会計帳簿を作成することができます。

それでも、心配であれば、立ち上がりの時期だけでも税理士等に記帳の仕方について指導を受けるというのも一つの手でしょう。
(当然、当事務所でも、お客様が会計入力に慣れるまで記帳指導を行います。)

中小零細企業の場合、入力項目の80%以上は定型的な取引ですので、最初の数ヶ月間の記帳をきちんと行えるようになれば、それ以後はルーティンワークになるものと考えられます。

年に一度あるかないかのイレギュラーな取引の確認や決算整理、申告書の作成などは、顧問の税理士に依頼すればいいだけです。こうした方が、記帳代行を依頼するよりも税理士に対する顧問報酬を抑えることができます。

自計化の推奨

慣れないうちは誰でも領収書の整理や会計ソフトへの入力等は面倒に感じるものです。しかし、起業した以上、経営者の責任からは逃れられません。会計帳簿の作成を丸投げして厄介な仕事から解放されたいという「甘い誘惑」に乗ると、財務上の問題点を把握する機会を逸すことにより、ときに大きなツケを払わされる羽目に陥ることにもなりかねません。

経営者の責任を果たし、企業を大きくするためにも、是非「自計化」されることをお勧めいたします。

自計化の手順

ここでは、会計ソフトを使った「自計化を行う手順」について、御紹介させていただきます。

会計ソフト導入と初期設定

当事務所では、ソフトの性能やお客様とのデータのやり取りのしやすさなど、総合的に勘案した結果、弥生会計のソフトをメインで使用しております。
したがって、お客様に使用していただく会計ソフトも弥生会計スタンダード若しくは弥生会計プロフェッショナルを推奨しております。

もちろん、弥生会計や会計王等、他社の会計ソフトでの対応も可能です。

まずは、導入する会計ソフトを選定し、その会計ソフトに会社の基本情報、勘定科目等の初期設定を行います。

資料集め

まずは御社の帳簿作成に必要となる原始資料を用意しましょう。

具体的には、下記の資料をご用意していただくことになります。

・預金通帳(コピー)
・領収書
・現金出納帳
・売上請求書控 
・仕入・外注請求書
・その他請求書
・賃貸借契約書  
・固定資産購入明細 
・カード引落し明細
・小切手帳や手形帳のミミ
・旅費交通費明細
・在庫明細
・その他諸資料

※ 各会社によって原始資料も異なります。上記は一般的に考えられるものをピックアップ致しましたので、自社に見合った原資資料を御用意下さい。

証憑類整理の仕方

基本的には、「月毎」そして「日付順」に整理していきましょう。

請求書は日付順に年間分をまとめて保存しておいて良いですが、領収書は月毎にそして日付順に保存する様に心掛けましょう。

領収書の整理のコツは、下記の通りです。
① 月毎にまとめる
② ①を10日毎にまとめる
③ ②を日付順にまとめる
④ 月毎に日付順に整理したものをホチキス止めする

会計ソフトへの仕訳入力

資料の整理ができたら、いよいよ会計ソフトへの入力を開始します。

なお、下記の手順にて入力を行う様にしましょう。
① 請求書の入力
② 預金履歴の入力
③ 領収書の入力

会計ソフトの操作指導

会計ソフトの操作方法や仕訳方法等、お客様が入力できるまでサポートを行います。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional